Emacs+ProofGeneralの環境構築

ProofGeneralを下記のURLからダウンロードして解凍後、~/.emacs/dに移動する。
URL: http://proofgeneral.inf.ed.ac.uk/download

~/.emacs.d/ProofGeneral/でmakeを実行。エラーが発生した場合は以下の記事が参考になるかも
Emacs24でProofGeneralを立ち上げた時に警告が出た時の対処

makeが完了したら、init.elに以下のEmacsLispプログラムを追加

(load-file (expand-file-name "~/.emacs.d/ProofGeneral/generic/proof-site.el"))

環境構築は以上で終了。

Screenshot from 2014-09-02 04^%05^%33

使い方:

C-c C-h       - Help
C-c C-n       - Next Step
C-c C-u       - Undo Srep
C-c C-RET  - Goto Point
C-c C-a C-p - Print
C-c C-a C-c - Check

Windows + Emacs + Gauche の環境構築

Windowsの方にも環境を構築しました。
その際少し手間取ったのでメモ。
まず、Emacs と Gauche の入手
Emacs http://ftp.gnu.org/gnu/emacs/windows/
Gauche http://practical-scheme.net/gauche/download-j.html

Emacsを適当な場所に配置し、Gaucheをインストールした後にEmacsとGaucheをコマンドプロンプトから扱えるように
環境変数を通します。
次に Emcas を起動し C-x C-f とタブを二回押すとホームディレクトリが表示されます。
表示されたホームディレクトリに .emacs.dフォルダを作るのですがエクスプローラーからでは作成できないので
コマンドプロンプトから mkdir .emacs.d で作成してください。
次に作成した.emacs.d フォルダの下に以下のプログラムを init.el として保存してください。

(setq process-coding-system-alist
       (cons '("gosh" utf-8 . utf-8) process-coding-system-alist))
(setq scheme-program-name "gosh -i")
(autoload 'scheme-mode "cmuscheme" "Major mode for Scheme." t)
 (autoload 'run-scheme "cmuscheme" "Run an inferior Scheme process." t)
(defun scheme-other-window ()
   "Run scheme on other window"
   (interactive)
   (switch-to-buffer-other-window
    (get-buffer-create "*scheme*"))
   (run-scheme scheme-program-name))
 (define-key global-map
   "\C-cS" 'scheme-other-window)

これで完了です。
C-c S で画面が分割され、Gauche インタプリタが起動するでしょう。
もしこれでダメでしたら、Emacas を起動し Options -> Save Options でオプションを保存
どこかに.emacs.d フォルダが作成されていないか確認してみてください。
私の場合は C:\Users\user\AppData\Roaming\ にありました。